ABC殺人事件

アガサ・クリスティーの名作ポアロの小説で、ABC殺人事件というのがあって、
先日なにげにテレビでやっていたのを見ました。
タイプライターあたりで犯人が分かっていた感じの流れだけど、
最後にまさかに展開に。
アガサ・クリスティー、やるねーー。

あれって、どうしてポアロのところに手紙が届いたんだろう。
警察に届けたらいいのに、、、って思うでしょ?
そのあたりも隠された事情があって、だからこそ推理小説なんだけど。
あまり推理小説を読んだりしない私でも「ほほう」って思うような話でした。
他には「オリエント急行殺人事件」も見て、あれは「うーん、、、」だったかな。
無理やり適菜ところは仕方ないけど、ポアロの役が面白いのでよしとしよう。

アガサの話ってよく映画になってるけど、だいたい配役が決まっているんだよね。
だから何、はないけどさ。
ポアロの面白い歩き方やヒゲも見ものです。
オリエント急行殺人事件は、違う役者さんでも見た事があります。
なんていうかどちらも面白くて、本は読んだことないけど、
でも本の通りになって監督が違うと、また役者が違うとこうなるんだな、って感じです。

ABC殺人事件、もしまだ見てなかったら見てみてください、
面白いです。

このブログ記事について

このページは、きょうへいが2019年5月 1日 17:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バンコクでヨガ」です。

次のブログ記事は「コーヒー占い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。